審査に通過できない理由はひとつではない

消費者金融は比較的審査基準が緩いと言いますので、それを受けて申し込んでみたけど審査に通過できなかったという方も少なくはありません。

 

審査基準が緩いとされる消費者金融にすら落ちてしまったということは、他の金融会社ではさらに融資してもらえる可能性がないのではないか・・・そんな風に考えてしまいがちです。

 

これでは申し込みをする自信すら失われてしまいますよね。そこで気になるのが審査に通過できる基準です。実は審査に通過できる明確な基準というものはありません。また、審査に落ちる理由も一つではないので、何が理由で落ちてしまったのかを探るのも難しいのが現状でしょう。

 

ただし、理由を絞り込むことは可能です。まずは第一に収入です。継続的な収入を得ていることが最低限の条件で、アルバイトでも申し込みは可能としていますが安定性という意味ではアルバイト、パート、自営業などだと審査はより厳しくなってしまいます。

 

それに加えてキャッシングでは年収3分の1以上の借り入れはできないという規制もありますので、極端に年収が少ない方は融資を受けることができません。

 

また、他社からの借り入れ状況も考慮されるのですが、キャッシング利用のみならずクレジットカードの利用、携帯電話の本体代金を月賦で支払っているという場合、これらも借り入れとしてみなされてしまいます。理由を明確にはできませんが探ることは可能ですので、自分で理由を考えてみましょう。
少ない金額なら審査に通る可能性も上がりますので、無理せず5万円融資の即日審査あたりから挑戦してみるのも良いでしょう。